人が辞めていく

せっかく採用した社員やアルバイトが辞めていく

人が採用できない

社員やアルバイトを採用しようとしても応募が来ない、又は辞退される

人が育っていない

次世代経営者、管理者、リーダーが育っておらず業務を引き継げない、新事業が立ち上がらない

人が思うように動かない

社員の態度や行動が伴わない、やる気がない、成果を上げない

組織に一体感がない

職場の風通しが悪い、セクショナリズム、管理者が統制できない

問題に対処できない

上記の問題はわかっているが、対処の仕方がわからない

一般社団法人 日本人事技能協会は、現場の第一線で活躍する人事コンサルタント・研修講師・社労士・キャリアコンサルタントらが集まり、ワンストップで企業の組織課題を解決する団体です。

そもそも、人事のプロは人材市場において非常に少ないのですが、これには理由があります。

  1. 1)人事担当は、営業や製造と異なり、担当者数が非常に少ないから。
    また、社労士は人事法務のプロではあるが、組織設計や採用、教育、制度といった企業人事実務までカバーしたプロとなると非常に数が少なく、人事コンサルタントも市場のニーズに比べると供給量が圧倒的に不足しているから。

  2. 2)中小企業においては総務や経理と兼務することが多く専門的ではないから。
    逆に、大企業においては専門能力を身につける前にジョブローテーション
    となるから。

  3. 3)従来、組織設計や人事権は経営者固有の権利という考え方があったから。

  4. 4)人事実務を体験的に身につけていくには、相当の長い年月を要するから。
    また、人事実務を体系化してトレーニングする機関が無いから。

そこで、志ある人事実務経験の豊富な人事コンサルタントが集まり、
各自の持つツールやノウハウといった知的財産をオープンにすることで
組織設計から採用、教育、人事制度設計等の人事企画実務を他に先駆けて体系化しました。

具体的には、人事のプロ養成講座を通じて人事のプロを育成し、
さらに実務経験を積む場を提供することでご活躍いただける仕組みにしています。

育成の流れ 育成の流れ

人事のプロ養成講座では、人事実務をしっかり修得できるよう
講座そのものに以下の工夫を加えています。

組織設計から人事企画実務までの体系だった理論学習

組織設計から人事企画実務までの体系だった理論学習

組織設計、採用、教育、人事制度等、どのような理論や理屈、原則があるのか、またそれらを「実務でどう展開すれば良いのか?」を体系的に学べるようにしています。

実践的なトレーニングと、楽しいグループワーク

相手のニーズに合わせて理屈や原則を組み合わせて企画し、提案を行う一連のコンサルテーションを繰り返し経験します。また、様々な立場で人事実務に関わる人々(社労士・税理士・経営幹部・キャリコン・企業人事担当者等)が受講するため、グループワークを通して他社事例を共有することができ、より実践的なトレーニングを積むことが可能となっています。

企画や提案を含む実践的なトレーニングと、楽しいグループワーク
当協会独自の標準化された人事企画ツールの提供

標準化された人事企画ツールの提供

当協会独自のツールを利用することで、イチから資料を作りこまなくても良く、誰もが標準レベル以上のコンサルサービスや人事実務を行なえるようになっています。

当協会の「人事のプロ養成講座」を通じて、多くの人事のプロが輩出され、組織と人の観点から日本のビジネス社会が真の意味で浮上していくことを願ってやみません。

まずは体感セミナーへご参加ください

養成講座の詳しいカリキュラムはこちら

人事のプロ養成講座!覗き見シリーズ!【評価制度をつくろう!!】全12回でお送りする、人事のプロ養成講座!覗き見シリーズ!第七回目は[評価制度]です(*´▽`*)評価・・・評価なんてどうでも…

一般社団法人 日本人事技能協会では、経営者団体、個別企業などを対象に様々な組織や人事に関する講演依頼、または取材を承っております。

取材・講演依頼の詳しい情報はこちらから